【Capture NX-D】ホワイトバランスの基本と調整方法。

【Capture NX-D】ホワイトバランスの基本と調整方法。

ホワイトバランス

室内で撮った写真を後で見返したとき、やたらと黄色っぽく写っていることがあります。または雪山の写真がやたらと青っぽかったり。これは色かぶりと呼ばれ、非常に良くおこる現象です。

今回は、このような現象が発生したときにどのように補正すべきかについて、Capute NX-Dの操作を交えてホワイトバランスをキーワードに説明していこうと思います。

色を決定する3要素

まずは前提として、色の仕組みについて。そもそもリンゴが赤く見えるのはなぜかと言うと、3つの要素によってリンゴの赤が決定されます。それを示したのが以下の絵になります。

①光源、②物体、③視覚の3つの要素で色が決定されます。ホワイトバランスを理解する上で重要なのは①光源ですので、②と③の解説は今回は割愛します。
色が見える仕組み

色を決定する3要素

  • ①光原(どの色成分を含んでいるか)
  • ②物体(どの色を反射する特性を持っているか)
  • ③視覚(どのように色を感じるか)
スポンサーリンク

光源とホワイトバランス

光がないと何も見えないので当然ですが、重要なのは「その光源にどのような色成分が含まれているか」です。以下のような色成分をどの程度含んでいるかで光源の色が決まります。

光スペクトル

太陽光はすべての色成分を含んでいるので白い光になります。もし、光源に青成分の光しか含んでいなければ、リンゴが赤く見えることはありません。
色が見える仕組み2

以上を踏まえるとホワイトバランスが理解しやすいかと思います。ホワイトバランスとは、例えば光源が青っぽい光のためにリンゴの赤が青っぽく写ってしまったときに、本来の色味に調整する機能のことです。

「本来の色」とは何かと言うとリンゴの赤い色のことです。ではそのリンゴが赤く見えるための光源とは何かと言うと、太陽光のすべての色成分を含んだ光源のことです。

なのでホワイトバランスとは、「太陽光で見たときのような色味に調整すること」とも言えます。光源の色味によって被写体の色味が変わってしまったとき、ホワイトバランスを調整することで、光源の色味による色カブリを補正することができる、写真加工には欠かせない機能です。

Capture NX-Dを使ってホワイトバランスを調整しよう

ここからは実際にホワイトバランスを調整していきます。ニコンCapture NX-Dのホワイトバランスの機能を使って説明したいと思います。

まず前提としてホワイトバランスの機能を使うにはRAWデータ(ニコンではNEF)でなくてはいけません。Caputre NX-DにおいてRAWデータで使用できる機能については、以下のページにまとめています。


画像を開くと右のメニューから「WB」を選択すると、その下に関連するパラメータが表示されます。
ホワイトバランスの使い方

ホワイトバランスを調整するには2つの方法があります。一つは色温度を調整する方法、もう一つはグレーポイントを選択する方法です。

色温度を調整する

まずは色温度の調整でホワイトバランスを整えてみましょう。色温度とは、理想的な黒色物体を加熱したときに温度に従って変化する物体の色のことです。

色温度が高い方が暖色系の色味で、温度が低くなると寒色系の色味になります。単位はケルビン(K)で表し、例えば太陽光はおよそ5000~6500ケルビンに該当します。

色温度

今回の写真は全体的に山小屋の照明の影響で黄色っぽい写真になっていますので、もう少し青み方向に調整します。色温度と書かれたスライドバーを左方向に移動させると、青みが強くなります。調整前の色温度が5200Kから3738K程度に調整することで黄色っぽさがだいぶ解消されたのがわかります。
色温度の調整

察しの良い方は気づいたかもしれません。上の色温度と色の関係の図から、色温度が高くなるほど青みが増すと言いましたが、Catpure NX-Dでは色温度を5200Kから3738Kに下げた方が青みがましています。なぜでしょうか?

もともとの色温度5200Kを3738Kに調整しました。このときカメラ(およびCapture NX-D)の中では次のようなメカニズムが働いています。

光源の色温度は3738Kなので、より赤っぽい光になる。よって、そのままだと写真も当然、赤っぽくなる。なので、本来の正しい色味(=太陽光で見たときの色味)するには逆に青っぽく補正する必要がある」という訳です。

上記の「青っぽく補正する必要がある」部分が適用された結果、色温度を下げると青っぽくなるなるのです。カメラおよびCapture NX-Dにおける色温度設定とは、「写真をその色温度の色味に補正することではなく、その色温度の光源で撮られた写真を適正な色味にするための補正をする」と言えます。

スポンサーリンク

グレーポイントの指定

ホワイトバランスを調整する、もう一つの方法は、基準の白を決定することです。色かぶりした写真の中で本来、白(またはグレー)だった箇所を白(グレー)として調整することで写真全体の色味をコントロールするという仕組みです。

以下の写真の中で、手前の柱に張られている紙は本来、白い紙だったとしましょう。この紙のRGBは「R:255, G:241, B:206」でした。Bの値が低く、赤みがかっていることが分かります。

メニューの黄色で囲んでいるアイコンをクリックし、グレーポイントを指定したい箇所をクリックします。今回は柱の張り紙ですのでその点をクリックします。
グレーポイントを選択

全体的に赤みが取れました。グレーポイント指定後の張り紙にマウスを合わせると、RGBは「R:235, G:235, B:235」となっており、確かに赤みが取れていることがわかります。
グレーポイント選択後

その他の色調整の仕方については過去のCapture NX-Dの使い方のページで詳しく書いています。

かならずしもホワイトバランスを整える必要はない

あえてホワイトバランスを調整せず、色かぶりしたままにすることも表現としてアリだと思います。以下の写真は雪に埋もれて寒そうな地蔵を表現するためにあえて青かぶりしたままにしてホワイトバランスは調整していません。

ホワイトバランスの調整は必須ではありません。ですが、状況に応じて使い分けることができるスキルは必要だと思います。
ホワイトバランス未調整

参考
Caputre NX-Dについて書かれた本はあまりないのですが、基本的な操作はこちらに参考になります。ただ、カラーコントロールポイントに関しては未掲載です。

最新版 ニコンCapture NX-D完全マスター (Gakken Camera Mook)

最新版 ニコンCapture NX-D完全マスター (Gakken Camera Mook)

2,160円(09/17 12:49時点)
発売日: 2018/05/31
Amazonの情報を掲載しています

写真加工・作例カテゴリの最新記事