ペイントショップでかすみ除去

ペイントショップでかすみ除去

以前、ニコンCapture NX-Dを用いてかすみ除去を行う手順をご紹介しました。もともとはAdobe Lightroomに搭載されている便利機能ですが、Capture NX-Dの機能を活用して同様の効果を得る方法です。

そして今回はペイントショップを用いてかすみ除去を行う方法をご紹介したいと思います。

かすみ除去とは(おさらい)

まずはかすみとは何かのおさらいから。かすみがかった写真とは主に「青い」「メリハリが無くて薄い」「鮮やかさが無い」「ボンヤリしている」といった特徴を備えています。

よって、画像補正するときには、上記の特徴を打ち消すような処置を施せばよいということになります。つまり、こう。

・青い → 青成分を下げる。(緑成分を上げる。)
・メリハリが無くて薄い → コントラストを上げて、明るさを下げる。
・鮮やかさが無い → 彩度を上げる。
・ボンヤリしている → エッジを強調する。

上記の処置はペイントショップでも変わりません。ただし、使える機能がソフトによって異なるためアレンジが必要です。ではさっそくやってみましょう。仕上がりの比較をするために前回Capture NX-Dで使ったのと同じ画像を使うことにします。

スポンサーリンク
サンプル画像
サンプル画像

①.青みを取り除く

まずは全体的な青みを取り除きます。使用するのはトーンカーブです。Capture NX-Dでは無理矢理色相を変えましたが、Capture NX-Dにもトーンカーブ調整は可能なので、そちらを使う方が一般的です。

「調整」→「明るさとコントラスト」→「カーブ」を選択します。まずはチャネル「青」を選択し、カーブの中間をクリックして下に下げます。プレビュー画像を見ながら、青みが取れる程度に下げて下さい。

トーンカーブで青を下げる。
トーンカーブで青を下げる。

これで青みがなくなりました。ただ、全体的に薄くメリハリがありません。とりあえず薄さを解消するために明るさを下げます。同じくトーンカーブを用いてチャネル「RGB」にして中間を下げます。

トーンカーブでRGBを下げる。
トーンカーブでRGBを下げる。

②.メリハリをつける

青みを取ることができたので、次にメリハリをつけます。Captuer NX-Dではコントラストのパラメータを調整しましたが、ペイントショップではローカルトーンマッピングなる機能を使います。簡単に言うと局所的にコントラストを強めることができる便利機能です。

ローカルトーンマッピングの詳細な使い方はこちら。


「調整」→「明るさとコントラスト」→「ローカルトーンマッピング」を選択します。パラメータは「強度:1」「ブロックサイズ:50」に設定します。これらのパラメータはその効果の確認しつつ適用量を決めて下さい。

ローカルトーンマッピング適用
ローカルトーンマッピング適用

今回はあえて控えめに適用しています。ローカルトーンマッピングはエッジを強調することでコントラストを強調させるため、山と空の境界部が不自然になっていますが、空は後で補正しますのでとりあえずこのままでOKです。

③.メリハリをつける2

全体的な薄さは解消されましたが、逆にアンダー気味の画像になっています。シャドー部をあまり変えずに中間調、ハイライト部を明るくして行こうとおもいます。今回はレイヤーのオーバーレイを使用します。

現在のレイヤーをコピーしてそのレイヤーのブレンドモードを「標準」から「オーバーレイ」に変更します。同じ絵柄をオーバーレイにして重ねると、暗いところはより暗く、明るいところはより明るくなります。よって、コントラストを強調することができます。

オーバーレイ
オーバーレイ

ですが、ただオーバーレイにして重ねると暗くなりすぎるため細工をします。レイヤー画像のトーンカーブのシャドー部を持ち上げて階調を浅くします。後は画像を見ながらカーブを微調整します。この画像では陰影を強調しすぎないよう中間調をさらに持ち上げました。

オーバーレイレイヤーの設定
オーバーレイレイヤーの設定

④.空の色調を変える

これまでの調整で空が緑っぽくなってしまったので、空の色調をもう少し青く鮮やかにしていきます。空の色を変える方法は色々ありますが、今回は単純に空領域を選択して、色味を調整することにします。

選択範囲を指定する際、「スマートエッジ」にチェックを入れると、指定した閾値に従って類似色のみを選択してくれるので便利です。

選択範囲・スマートエッジ
選択範囲・スマートエッジ

「調整」→「色相と彩度」→「色相/彩度/明度」から色味を調整します。彩度を75まで上げ、明度を6上げてみました。

彩度と明度調整
彩度と明度調整

⑤.エッジを強調する

最後の仕上げにエッジを強調します。ペイントショップではエッジを強調する方法はいくつかありますが、個人的にはハイパスフィルタを用いるのが最もクオリティが高いと思っています。他にベストな方法があったら教えて下さいな。

ハイパスフィルタの詳細な解説はこちら。

ベースのレイヤーをコピーし、コピーレイヤーのブレンドモードを「標準」から「オーバーレイ」に変更してハイパスフィルタを適用します。ちなみに、ペイントショップではハイパスフィルタのことを「高域」と読んでいます。

「効果」→「エッジ効果」→「広域」から適用量を決めます。あまり効かせすぎるとザラザラした質感になるので「2」程度が妥当かと思います。画像を見つつ適用量を決めて下さい。

ハイパスフィルタ
ハイパスフィルタ

完成

以上で完成です。補正前とペイントショップによる補正、そして前に実施したCapture NX-Dによる補正とペイントショップの補正を比較してみました。

■補正前とペイントショップ補正後の比較

■Capture NX-Dとペイントショップ補正の比較

いかがでしょうか。Capture NX-Dに比べペイントショップの方がやれることが多い反面、手順が少し煩雑です。が、つきつめればその分、クオリティを上げることができます。ただCaptre NX-Dは機能がシンプルな分、操作しやすく、特に局所的に色味を変えられるカラーコントロールポイントは重宝します。

Capture NX-Dのカラーコントロールポイントの詳細はこちら。

PaintShop Pro 2019

PaintShop Pro 2019

12,110円(11/17 01:59時点)
Amazonの情報を掲載しています

※ペイントショップはCorelの公式HPから購入した方が安い場合がありますのでHPもチェックしてみて下さいな。

ペイントショップカテゴリの最新記事