登山靴の選びのポイントを初心者向けにまとめた。

登山靴の選びのポイントを初心者向けにまとめた。

登山靴

前回はザックの選び方について書きましたが、今回のテーマは登山靴です。


ザックの記事では「大は小を兼ねる」という金言?をご紹介しました。登山靴選びにおいても、そのポイントを一言で言うとすれば「自分の足にあった靴を選べ!」です。そう。いたって普通です。自分の足に合うとはどういうことか、その他、登山靴選びのポイントを初心者向けにまとめました。

登山靴の幅が合わない場合がある

僕もそうですが、日本人には扁平足(へんぺいそく)が多く足が幅広で、海外製の細身の登山靴は合わない場合があります。イケてるからといってろくに試着もせずに細身の登山靴を買うと山でイケてないことになります。

足の幅はJIS規格で定められていて、足幅(幅の周長)によってアルファベットで表現されています。アシックスのHPに一覧表が掲載されていますので参考にどうぞ。

ランニングシューズ選びには上記の「E」など、アルファベットが表記されているので分かりやすいですが、登山靴にはそのような表記はあまりありませんので、判断するには履いてみるしかありません。

登山靴を履いたときに足の内外の両側から締め付けられるような感覚があれば、合っていない可能性大です。このとき、足の前後の長手方向もキツさを感じるならサイズアップで解消するかもしれませんが、両側のみのキツさなら幅が合っていないのでその登山くつは諦めましょう。
靴幅

スポンサーリンク

足が痛くなるのは馴染んでいないだけでは?

それはただ馴染んでないだけで、しばらくすれば解消するのでは?そんな疑問もあります。が、残念ながらその可能性は低いでしょう。街中で履くような靴と違って、登山用のしかもテント泊想定の重たい荷物をもつための靴は堅牢に作られているので簡単に伸びたりしません。

靴底のソールや側面のランドラバーを触ってもらえれば分かりますが、幅が広がって馴染むことは期待できないと思います。
靴幅2

ただし、部位によっては履き込んで馴染むことはあります。僕が今履いてる登山靴ですが、買った当初は足の甲が痛くて仕方ありませんでした。ちょうど痛くなる箇所が微妙に段差になっていて、それが足を圧迫して痛みになっていました。

ですが、いつのまにか痛みはなくなり今では足に馴染んでいます。
靴幅3

ただし、それは縫い目が革製で伸びる素材だったからで、伸び代がないものは痛みも解消されないと思います。お店で試着したとき、何らかの違和感があったらできれば避けた方が無難です。

でも、どうしても気に入ったなら使っていくことで馴染みそうかどうかを確認しましょう。

繰り返しになりますが、側面のランドラバー等の固いゴムやプラスチックでできている部位は、おそらく馴染むことはないのでその登山靴は諦めましょう。

何故ハイカットの登山靴をオススメするのか

以前の記事で登山靴としてトレイルランニングシューズをオススメしました。


このときは日帰り登山のような荷物が少ない場合に限ってのオススメでしたが、テント泊や縦走のような荷物が多い場合はハイカットの堅牢性が高い登山靴をオススメします。

登山靴がハイカットになっている理由は足首を守るためです。足首を登山靴で覆ってアソビを無くして可動域を狭めることで足首をひねらないようにしています。登山では飛んだり走ったりしないので足首の柔軟性はあまり必要ではありません。

重たい荷物を背負って疲れてくると、だんだんと足運びがルーズになってきます。足場が悪いところで中途半端に足をついたり、重さで足首が安定しないときにハイカットがサポートしてくれます。また、ハイカットの登山靴はソールも硬く、重たい荷物を背負って歩いても歩行が安定します。

以下の写真のように足首をひねったとき、ローカットの登山靴であれば負荷がモロに足首にかかりますが、ハイカットの登山靴であればこれを保護してくれます。
登山靴・足首のひねり

登山の持ち物の費用、重量計算はこちら。

また、足首まわりのサポートをしてくれるので、バランスも安定します。写真のように前傾になったとき、ローカットの登山靴であれば筋肉を使って足首まわりを固定する必要がありますが、ハイカットの登山靴であればサポートによって筋肉負担が減ります。体感的にも明らかに楽なのが分かります。
前傾

スポンサーリンク

ハイカット登山靴のデメリット

ハイカット登山靴のデメリットは「デカイ、重い」に集約されます。山行の帰りはサンダルで帰ることもありますが、ハイカット登山靴だと非常に邪魔です。

そして僕が何より不便に感じているのは、レインウェアのレインパンツを登山靴を脱がずに履くことができないことです。あくまで僕が持っているものが、ですが、レインパンツのスリットファスナーを全開にしても登山靴がデカすぎて履けません。

なので、いちいち登山靴を脱がなくてはいけません。非常に面倒!ハイカット登山靴のときはスリットが深いレインパンツを持参することを強くオススメします。これも、店頭で要確認です。
レインパンツ

まとめ

以上のまとめです。登山靴は

  • 自分の足に合ったものを選ぶべし。特に靴幅に注意
  • 荷物が重い場合はハイカットの登山靴を選ぶべし
  • 購入する前に一度は試着してみるべし
  • ハイカット登山靴を履いたままレインパンツを履けるか要チェック

具体的なオススメの登山靴を紹介しようと思いましたが、「自分の足に合っているか否か」が最重要なのでやめました。ぜひ購入前に店頭で試着して見て下さい。

持ち物カテゴリの最新記事