D750と24-120mmズームレンズで秋の奈良公園を撮影してきた

D750と24-120mmズームレンズで秋の奈良公園を撮影してきた

世界遺産にして日本屈指の観光地、奈良公園。写真好きには被写体には事欠かない奈良公園ですが、メジャーな観光地なので観光客が多くて撮りたい写真が中々撮れない場所でもあります。なので人が少ない早朝に秋の奈良公園を撮影してきました。

猿沢池

JR奈良駅から三条通を直進して奈良公園に至るその手前にあるのが猿沢池。猿沢池は堆積した泥で濁っていて、これはこれで古都奈良っぽい風情ある池ではありますが、澄んだ水とは言いがたいのが普段の猿沢池です。ですが、早朝に朝日が斜めから池に射すとき、泥の池が青空を綺麗に映し出してくれます。

猿沢池
猿沢池

スポンサーリンク

飛火野

飛火野とは、奈良公園内の春日大社参詣道の南に広がる広大な芝の公園です。春日大社から北の東大寺エリアに比べて、飛火野は比較的観光客が少ない静かなエリアですが、早朝の飛火野は奈良公園内では屈指の撮影スポットとして、多くのカメラマンが集まります。

お目当ては朝日に照らされた広大な芝の原に佇む鹿です。僕の24-120mmでは望遠側が不足なのでクロップで撮りましたが、やっぱまだ不足気味です。クロップは便利なので僕は良く使いますが、世の中の人はどうなんでしょう。使っているのでしょうか?

荷物を厳選する必要がある登山においてはクロップは有益だと思います。登山好きの方はご参考に。

飛火野の鹿
飛火野の鹿

春日大社参詣道の灯籠

春日大社参詣道には多数の灯籠がならんでいます。その一つにカラスがとまっていました。一見、黒くて分かりませんが、毛並み(羽並み?)がとても綺麗で思わず撮りました。

苔むした灯籠には、色彩鮮やかな鳥よりもモノトーンのカラスが似合います。あらかじめ狙っていた絵じゃなく思いがけずの発見で撮れる写真は楽しいですね。

春日大社参道のカラス
春日大社参道のカラス

灯籠が連続して並んでいる様子と苔むした感じ。

春日大社の灯籠
春日大社の灯籠

浮雲園地

浮雲園地とは、東大寺参道の東側に広がる芝の公園です。浮雲園地は飛火野と違って、早朝にカメラマンはいません。なぜかというと、遊歩道やベンチ、その他建物などの人工物があってそれがカメラに写り込むからです。

この時期の鹿は角切を終えて間もないため角は小さめです。少し色づいていた紅葉を被写体に入れつつ、鹿に見下ろされている感じに撮りました。f値を22の限界まで絞りましたが背景がボケてますね。完全なパンフォーカスにしたければもはや多焦点合成か。

浮雲園地の鹿
浮雲園地の鹿

東大寺参詣道

観光客で激混みの東大寺も早朝ならこの通り。撮影するのにぴったりです。というか、早朝じゃないと撮れません。南大門にあたる木漏れ日が良い感じで、雌鹿はいてくれてありがとうです。

石畳が濡れているのは鹿のフンの清掃のために水まきしたからでしょう。おかげで石畳にもコントラストが生まれて色彩豊かな写真になりました。

東大寺南大門
東大寺南大門

南大門を抜けた参詣道の鹿。雄鹿は毛並みが荒々しくてカッコ良いです。こちらも広角で紅葉と参詣道とその先の東大寺を収めました。石畳の直線に加えて雲の形が奥行き感を強調してくれてます。

東大寺参道の鹿
東大寺参道の鹿

上の雄鹿をとにかくカッコ良く撮ることにこだわりました。光が横からあたることで立体感が生まれます。背景は飛火野のような場所ならなお良しでした。

東大寺参道の鹿
東大寺参道の鹿

手向山八幡宮

東大寺の参詣道の東側に手向山八幡宮という神社があります。その手前の鳥居です。この日は快晴でしたが、ここの森の暗さが印象的でした。赤光りした鳥居も相まって何か棲んでそうな感じです。つまるところ、奈良公園の魅力とは、観光地でありながら「何かがいそう」と感じさせる雰囲気なのです。

手向山八幡宮 一の鳥居
手向山八幡宮 一の鳥居

東大寺講堂跡

東大寺の北に東大寺講堂跡と呼ばれるエリアは僕のお気に入りです。東大寺に近いですが、裏というだけで人が激減します。飛火野や浮雲園地ほどの広さはありませんが、芝の公園の中に講堂跡の石の基礎が並んでいます。

その講堂跡あたりから裏の東大寺を撮ったのがこちら。まだら雲が空のスペースを埋めてくれました。

東大寺
東大寺

東大寺講堂跡の道。木漏れ日と紅葉が綺麗でした。この先に何があるのか歩いてみたくなる道です。

東大寺・講堂跡

奈良春日野国際フォーラム

最後に、奈良春日野国際フォーラムの駐車場の石垣の鬼瓦。なぜこんなところに?ってところにあります。是非探してみて下さい。

鬼瓦
鬼瓦

あとがき

今回使用した機材はニコンD750と同じくニコンの24-120mmのズームレンズです。三脚も持参しましたが使っていません。そもそも奈良公園って三脚は使って良いんでしたっけ?

奈良公園には何度も行っていて、今回、人の少なさを狙って早朝に行きましたが、日の出まもなくの側面から射す太陽光によって日中ではみられない光景、撮れない写真が撮れたので満足です。

■使った機材


カメラ機材カテゴリの最新記事