可変減光NDフィルターの5つの使用上の注意

可変減光NDフィルターの5つの使用上の注意

可変NDフィルター

以前から気になっておりました減光NDフィルターなるものを購入しました。シャッター時間を極端に延ばして滝を絹のように撮るときに使うアレですね。撮った写真はおいおいご紹介していきたいと思いますが、とりあえず今回は作品以前の使い勝手に関してのレビューです。

知ってる人からすれば当たり前なのかもしれませんが、初めていじってみて、アレ?と思うことがいくつかありました。よって、僕のような人向けに知っておいた方が良いと思うことを書きます。

可変式ND2-ND32フィルター(K&F Concept製)

今回購入したのは、K&F Concept製の減光NDフィルターで、1枚でND2~ND32までリニアに変化させられるフィルターです。こだわる方はそれぞれND値に対応したフィルターを購入されるのでしょうが、僕は横着者なので。
NDフィルター

装着方法は保護フィルターと同様に回転させての装着です。ダイヤルを回転させることでND値を変化させる構造上、フレーム部が一般のNDフィルターよりも分厚い気がします。

スポンサーリンク

遮光フードやフィルターのサイズが大きくなる

この可変NDフィルターを装着すると、それまで使用していた遮光フードが使えず、1サイズ大きなものを用意する必要があります。遮光フード、保護フィルター必着派の方はかなりネックポイントですね。
減光フィルターサイズ

色味が多少変わる

この可変NDフィルターを装着すると色味が多少変わります。以下はNDフィルター無しとND2、ND4、ND8、ND16、ND32時に露出を適正にしたときの写真です。

写真がなんだか美しくないのは置いておくとして、フィルターを付けると少し青みが失われているのが分かります。そして、ND値の大小によっても微妙に色味が変化しています。

フィルター無し
NDフィルター無し
フィルターあり ND2
NDフィルターあり ND2
フィルターあり ND4
フィルターあり ND4
フィルターあり ND8
フィルターあり ND8
フィルターあり ND16
フィルターあり ND16
フィルターあり ND32
フィルターあり ND32

色、変化してますね。少なくともこのNDフィルター使用時は色補正がセットになりそうです。

ケラレに注意

レンズの保護フィルターを使用しているときはケラレに注意して下さい。写真の四隅に黒い影が映るアレです。ニコン24-120mmのレンズに保護フィルターを装着した上にこのNDフィルターを付けるとケラレが発生します。

以下のように、24mm、30mmではケラレが発生しています。35mm程度までズームしてようやく解消します。

24mm ケラレあり
ケラレ24mm
30mm ケラレあり
ケラレ30mm
35mm ケラレなし
ケラレ35mm
ちなみに、同じく保護フィルターを装着した20mm単焦点で試したところ、24-120mmほどではありませんが、わずかにケラレが確認されました。よって、少なくともこのNDフィルターを装着するときは、保護フィルターを外す必要があります。

もしくはトリミングありきでの使用となります。

スポンサーリンク

ダイヤル操作がしづらい

これも保護フィルターを装着していた場合です。どういうことかと言うと、この可変NDフィルターはダイヤルを回転させることでND値を変化させますが、フィルターを装着していると、ダイヤルの基準位置ががちょうどカメラの真裏になるので、ND値が確認しづらいです。

保護フィルターを装着しないと、ダイヤル基準が側面になるので現在ND値が確認しやすくなります。

保護フィルターあり ダイヤル基準がカメラの裏

保護フィルターなし ダイヤル基準がカメラの側面

レンズへ取り付け時の締め付けの力加減

NDフィルターを装着する際、キツく閉めすぎると取り外しが非常に困難です。フィルターのフレームを回転させるのに、持ち手が無いのでうまく回転させるのが困難です。あまりに力を入れすぎるとフレームもろともフィルターを破壊してしまいそうで怖いです。

保護フィルターは取り外さない前提で装着するのでそれなりにキツく締め付けますが、NDフィルターはそうではありません。かといって締め付けが軽すぎると落下の危険がありますので悩ましいです。

まとめ

以上の使用上の注意をまとめてみます。僕の場合、保護フィルターをその都度、取り外すということはおそらくないと思われます。その前提でNDフィルターを使用するなら以下の通り。

    • このNDフィルターを装着すると・・・

    • 遮光フードやフィルターのサイズが大きくなる

遮光フード、フィルターは諦める

    • レンズへの締め付けの力加減に注意

締め付けに注意する(それだけ笑)

保護フィルターの上からNDフィルターを装着すると、

    • 色味が多少変化する

色補正を前提に使用する

    • ケラレが発生する

焦点距離は35mmより広角側で使用する

    • ダイヤル操作がし辛い

我慢する

ブログランキングサイトに登録しました。よろしければ応援お願いします^^


人気ブログランキング

カメラ機材カテゴリの最新記事