Capture NX-Dで部分補正する三つの方法。

Capture NX-Dで部分補正する三つの方法。

部分補正

レタッチにおいて、必ずしも画像全体にではなく部分的に処理を施したいシチュエーションは多々あります。その部分をどのように抽出するのかがポイントで、その精度と容易さがレタッチソフトの選択の一つの指標にもなります。

今回の記事は過去に書いた内容と重複するとこがありますが、Capture NX-Dの部分補正を切り口にしてご紹介したいと思います。

部分補正とは

部分補正と言ってもまずは何をもって部分とするのか。物理的な領域の部分なのか、特定の色という意味で部分なのか。Capture NX-Dではそれぞれについて機能が搭載されています。

物理的領域での部分補正は「カラーコントロールポイント」、特定の色での部分補正は「トーン(ディテール)」「LCHエディター」です。僕が思うに、この三つがCapture NX-Dの色補正における特徴的機能だと思っています。

カラーコントロールポイント、トーン(ディテール)、LCHエディターともに以前の記事でご紹介していますが、今回は部分補正をキーワードにご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

部分補正1:カラーコントロールポイント


Capture NX-Dの最大の特徴にして最高傑作?がカラーコントロールポイントです。痒いところに手が届く親切設計。

カラーコントロールポイントとは、画像の任意の場所をプロットし、その点を中心として任意の範囲に対して画像処理を施すことができる機能です。部分的に補正したい場合に重宝します。

この機能の優れているところは、いい意味でアバウトな所です。部分補正の手段としては、例えばフォトショップやペイントショップでは領域指定する方法がありますが、案外手間です。

形状によっては選択範囲を作るだけで大変ですし、境界はどうするのか等も決めなければいけません。一方、カラーコントロールポイントは円の大きさの指定のみ。しかも適用強度はグラデーション的に変化するので、円の選択範囲内外で違和感無く仕上がります。

しかも、選択したポイントの色調と類似色のみに処理を適用してくれるので、雲の明るさを変えること無く空の青のみ暗くすることも簡単です。

部分補正したい領域や色を厳密に決めたいときはやはり領域指定できるフォトショップやペイントショップを用いることになります。あくまで左記のソフトに比べて容易かつ直感的に操作できる点が◎です。

カラーコントロールポイントで決めることは二つ。適用範囲とパラメータです。適用範囲は円で指定し、「彩度」「色相」「明度」「コントラスト」「RGB」「暖色系調整」の各パラメータを調整します。

カラーコントロールポイント
カラーコントロールポイント

サイドメニューの「適用範囲の表示」を選択すると、画像が暗転して適用範囲のみ明るく表示されます。このとき、より明るい箇所ほど適用強度が強くなります。

適用範囲
適用範囲

上の画像を見て頂ければ分かりますが、雲の領域は適用対象から外れています。カラーコントロールポイントは円で適用範囲を決定しますが、中心のプロットポイントと同系色の色のみを対象とするという特徴があります。

なのでこの場合、空の青のみが選択されるので、仮に明るさを下げても雲の白さを維持したまま空の青のみを暗くすることができます。

類似色でなければ適用対象外
類似色でなければ適用対象外

ちなみに、複数のプロットを互いに影響し合う場所に設定した場合は平均値が採用されるようです。

カラーコントロールポイントについては以下のページでも詳しくご紹介しています。

部分補正2:LCHエディター

続いてはLCHエディター。LCHエディターとは、明度、彩度、色相を調整できる機能です。これの何が良いかというと、特定色のみ変化させることができる点です。一般的なソフトでも明度、彩度、色相を調整することはできますが、画像全体もしくは選択した範囲全体に対して一様に処理を適用します。

が、Capture NX-DのLCHエディターは指定した色とその近似色に対して調整することができます。また、どこまで近似色を含めるかも設定することができます。

例えば、草原に青空の写真があって草原が少し暗い場合、緑系の色のみ明るくすることができます。こちらもカラーコントロールポイントと同じく、部分補正ができる機能の一つです。

LCHエディター(カラー明度)

LCHエディター(カラー明度)は色相別に明るさを調整することができます。例えば空の青、木々の緑など、明暗を調整したい箇所とその色相が関連している時に非常に重宝します。木々の領域を選択するよりも簡単に素早く調整することができて便利です。

調整画面は以下です。まずは調整したい色相を選択し、明暗を上下にプロットします。プロットを上にすればするほど明るくなり、逆だと暗くなります。そして、スライダーバーで対象とする色相幅を設定します。

LCHエディター(明度)
LCHエディター(明度)

以下の写真は青を中心に明るくした場合。

LCHエディター(カラー明度)
LCHエディター(カラー明度)

LCHエディター(彩度)

続いてはLCHエディター(彩度)。こちらはLCHエディター(カラー明度)と使い方は同じです。調整対象が明度から彩度になっただけ。おそらく、少し暗めの画像に対し、明るくしつつ彩度を上げるといったLCHエディター(カラー明度)と合わせて調整することが多いと思われます。

以下は青の彩度を上げた場合。

LCHエディター(彩度)
LCHエディター(彩度)
スポンサーリンク

LCHエディター(色相)

LCHエディター(色相)は、色相を調整することができます。この調整方法が独特で、まず60度、120度、180度のいずれか角度を設定します。そうするとグラフのグラデーションが設定角度に応じて回転します。その後、プロットを上下させることで、移動前のプロット箇所の色相が移動後の色相に変化します。

LCHエディター(色相)
LCHエディター(色相)

角度を180度に調整し、青系を赤い領域までプロットを移動させた場合。

LCHエディター(色相)の調整
LCHエディター(色相)の調整

LCHエディター(色相)に関しては個人的にはインターフェースが独特で少し使いづらいと思ってます。明度や彩度に比べると出番はあまりなさそうです。

部分補正3:明瞭度(RAWのみ)

最後の明瞭度はRAWデータのみで扱える機能です。正直、部分補正という表現が正しいかは?ですが、有用な機能なので強引にここでご紹介します。

明瞭度とはコントラストを調整できる機能ですが、通常のコントロールが画像全体を明るいエリア、暗いエリアに分けてその明暗を強調するのに対し、明瞭度は局所的にコントラストを強調します。

メニューから「ピクチャーコントロール」→「明瞭度」のスライダーバーを操作することで調整することができます。

明瞭度
明瞭度

言葉だと分かり辛いので実際に以下の画像で比較してみましょう。

元画像
元画像

■コントラストUPと明瞭度UPの比較

左がコントラストUP、右が明瞭度UPの画像です。コントラストUP画像は画面右下の植物の陰のエリアが全体的に暗くなっているのに対し、明瞭度UP画像はその中でも暗いとところはより暗く、相対的に明るいところは明るくなっているのが分かります。

そしてもう一つ大事な点。空の雲に着目して下さい。コントラストUP画像は雲のハイライトが白飛びしていますが、明瞭度UP画像は階調が維持されています。通常のコントラスト調整は、すでに限界近く明るい箇所は白飛びしてしまう大きな欠点がありますが、明瞭度はそれがありません。

画像を破綻させること無く強調することができるので非常に重宝する機能です。ただ一つ望むべくは、RAWデータ以外でも使える機能にして欲しいです。ニコンさん、ご検討下さい。

ちなみに、以前ご紹介しましたが、ペイントショップにも「明瞭化」という機能があり、同様の効果が得られます。ペイントショップの明瞭化についてはこちら。

まとめ

まとめです。Capture NX-Dで部分補正できる機能はザックリ3つ。

・カラーコントロールポイント
任意の領域の色を調整できる。調整パラメータは、「彩度」「色相」「明度」「コントラスト」「RGB」「暖色系調整」。
領域は円の大きさで決める。ただし、プロットしたポイントと同系色のみが対象になる。

・LCHエディター
明度、彩度、色相を調整できる。調整したい任意の色相を選択し、グラフ上のプロットを上下させることで調整する。
調整対象とする色相幅も任意に決められる。

・明瞭化
RAWデータのみで扱える。
局所的にコントラストを調整できる。

参考
Caputre NX-Dについて書かれた本はあまりないのですが、基本的な操作はこちらに参考になります。ただ、カラーコントロールポイントに関しては未掲載です。

最新版 ニコンCapture NX-D完全マスター (Gakken Camera Mook)

最新版 ニコンCapture NX-D完全マスター (Gakken Camera Mook)

2,160円(09/17 12:49時点)
発売日: 2018/05/31
Amazonの情報を掲載しています

写真加工・作例カテゴリの最新記事