フォトショップ写真加工・かすみ除去機能では不十分なときの対処法

フォトショップ写真加工・かすみ除去機能では不十分なときの対処法

before after

こんちは。『んた』です。

ついにフォトショップを購入してしまいました!

今まで、Capture NX-Dとペイントショップの二本立てで戦って参りましたが、誘惑に抗いきれず月額980円の課金することを決意しました。

まだ1ヶ月足らずですが、やはりというかフォトショップは良いです。

同じような機能を持つペイントショップと比べて、画像処理アルゴリズムの精度が高いのか、処理後の画像に破綻が少ない気がしてます。

そのあたりはおいおいご紹介するとして、今回はかすみ除去について書きたいと思います。

かすみ除去はCapture NX-D、ペイントショップでも取り上げたネタですが、同じ処理をフォトショップでも行うことで比較がしやすいと思ったのでやってみました。

かすみ除去とは

かすみ除去とは、その名の通りかすみを除去することです。例えば山から景色を眺めたとき、うっすらもやがかって青みがかって見えることがあります。これがかすみです。

これを除去する機能がかすみ除去です。もともと、かすみ除去とは同じくアドビのLightroomに搭載されていた機能で、フォトショップでもCamera rawフィルターのなかで使うことができます。

で・す・が

このかすみ除去機能では対処できない画像もあります。そんなときは他の機能を組み合わせて対処するしかありません。

今回実例で取り上げた画像もCamera rawフィルターのかすみ除去では対応できませんでした。

ですが、他の機能を組み合わせることでかすみを除去することは可能です。ぜひご参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

Camera rawフィルターのかすみ除去では不十分な場合もある

Camera rawフィルターのかすみ除去を使えば何でも一発でかすみを除去できるかと思いきやそうではありません。限界もあります。

以前、Capture NX-Dやペイントショップでのかすみ除去の方法をご紹介したときに取り上げたこの画像には、かすみ除去はあまり効果的ではありませんでした。

かすみ除去前

■Camera rawフィルターでのかすみ除去前後の比較(左:処理前 右:処理後 )

かすみ除去のパラメータを+40にしてみました。メリハリは強調されましたが、かすみが除去されたとは言いがたい結果です。

フォトショップでかすみを除去する方法

これからご紹介する方法を使えば、かすみ除去機能で効果がなかった画像でもかすみを除去することができます。

かすみのある画像はけっこうあるので、この技を身につけておくと何かと便利。まだフォトショップを購入していないけど気になっている方にも参考になると思います。

①.全体的な青みをとる

まずは全体的な青みをとるところから。

「イメージ」→「色調補正」→「トーンカーブ」 を選択します。
tone curve

全体的に青みがかっているので、

Bのカーブの中間調を下げます。

下げる量は仕上がりを見つつうまいこと調整して下さい。

b under

そして全体的に少し暗くするために、

RGBのカーブの中間調を少し下げます。

rgb under

②.Camera rawフィルターでディテールを強調する

次にボンヤリとした印象を改善するために、camera rawフィルターを用いてディテールを強調していきます。

「フィルター」→「Camera rawフィルター」を選択します。

camera raw1

camera rawフィルターは画像処理に関する機能が集約されているのでとても便利です。

今回はこの中の「テクスチャ」と「かすみ除去」を使用します。

「かすみ除去、使うんかい!」という声が聞こえてきそうです。ええ、使います。ですが、先ほど示したように、このかすみ除去機能だけでは不十分です。

しかし画像のメリハリを強調するためには有用なので、少しだけ付加します。そしてテクスチャもメリハリを強調するという意味では似ていますが、より細かいディテールを強調するのに向いた機能です。

「テクスチャ」と「かすみ除去」をそれぞれ+10にします。

camera raw2

③.オーバーレイレイヤーを重ねてさらにメリハリを出す

だいぶ青みが取れてメリハリが出てきました。ですがまだ不十分なので、画像をコピーしてレイヤーモードをオーバーレイで重ねます。

オーバーレイとは簡単に言うと、明るいところはより明るく、暗いところはより暗くするすることができるレイヤーモードです。

先ほどまで処理した画像を複製し、レイヤーモードを「オーバーレイ」、不透明度を「70%」にします。

over lay

だいぶ青みが取れてメリハリも出ました。ですが少し暗いようです。

ここで少し元画像の彩度、明度を微調整します。

「イメージ」→「色調補正」→「色相・彩度」を選択します。今回は彩度を+30、明度を少し上げました。

この調整は必須ではありません。それまでの仕上がりを見て適宜調整して下さい。

④.空の色調を調整する

山の色調はだいぶいい感じになってきましたが、空の色がくすんでいます。

空のみ色を調整するために空を選択します。

選択する方法は色々ありますが、今回はマグネット選択ツールを使います。

マグネット選択ツールとは、境界あたりをマウスでなぞると、自動的に境界を識別して選択してくれる優れものの機能です。

画面左のメニューからマグネット選択ツールを選択し、山の輪郭をなぞっていきます。

magnet

今回の画像は輪郭がはっきりしているので綺麗に選択できると思います。

magnet2

選択できたら、彩度、色相、明度を調整します。

「イメージ」→「色調補正」→「色相・彩度」を選択します。結果を見ながら彩度、色相、明度を調整していきます。

調整後がこちら。かなりいい感じになってきました。

saturation, hue, lightness

⑤.ハイパスフィルタでエッジを強調する

完成までもう少しです。エッジを強調するためにハイパスフィルタを適用します。

ハイパスフィルタとは、画像のエッジ成分のみを抽出するフィルタ機能のことで、この画像のレイヤーモードをオーバーレイにして重ねることで、エッジを強調することができます。

このハイパスフィルタによるエッジ強調は非常によく使う技なので是非覚えておいて下さい。

元画像を複製し、「フィルター」→「その他」→「ハイパス」を選択します。

highpass
画面がグレーになるので

適用半径をとりあえず3.5pixelに設定します。そして、ハイパスを適用した画像のレイヤーモードをオーバーレイに変更します

highpass2

適用半径を大きくするほどエッジが強調されます。あまり大きくしすぎるとザラザラした画像になり逆に画質が低下するので注意です。

今回はよりエッジを強調するために、ハイパスフィルタのレイヤーをコピーして二重に適用してみました。最後の仕上げに色相を微調整します。
highpass3

かすみ除去の完成!

以上でかすみ除去の完成です。いかがでしょうか?以下のかすみ除去前後を比べて頂ければ一目瞭然。綺麗にかすみが除去されているのが分かります。

もともと搭載されているかすみ除去機能だけでは不十分でしたが、機能をうまく組み合わせることで良い結果が得られました。

Photoshopを使いこなすことができれば表現の幅は飛躍的に広がります。むしろやり過ぎ注意です。

ちなみに、amazon等からでも購入できますが、上の公式HPからの方が圧倒的に安価です。

フォトショップカテゴリの最新記事