Capture NX-Dで物足りなくなったときはPhotoshopさんのご登場です

Capture NX-Dで物足りなくなったときはPhotoshopさんのご登場です

photoshop

こんちは。『んた』です。Photoshop関連の記事を連投しております。

写真のレタッチソフトとして長らく使用してきたCapture NX-D。無料で感覚的にも扱いやすくニコンユーザーの僕にとってはなくてはならないツールでした。・・・でした?

そう、正直なところ最近は使用頻度が減っております。Photoshopを購入してから。

や、今でもCapture NX-Dはとても良いツールだと思っていますが、使い込んでいくうちに「もっとこうしたい」みたいな欲が沸いてきました。

そこでアドビ社とサブスクリプション契約を締結して手に入れたのがPhotoshopです。

個人的には月980円払う価値はあったと思っていますが、それはどういうことがしたいかによって変わってきます。

「Capture NX-Dではできず、Photoshopではできること」 = 「あなたにとってやりたいこと」

であれば980円払う価値は大いにあります。

Capture NX-Dでは何ができず、Photoshopではどのように実現できるのか、それをご紹介して行きたいと思います。

Caputure NX-Dとは

Capture NX-Dとは、ニコンからリリースされている現像・画像編集ソフトです。

彩度、色相、明度、トーンカーブといった基本的な色調調整はもちろん、RAWデータならホワイトバランス、ピクチャーコントロールも調整できます。

個人的にウリだと思っている機能はカラーコントロールポイント。
画像の任意の場所、範囲の色調を変化させることができ、この機能の追加によって表現の幅がとても広がりました。

何気に重宝しているのが一括でファイルサイズや圧縮率を変更できる機能。
このような機能を持つフリーソフトはたくさんありますが、Capture NX-Dは使いやすいです。

もし、画像編集ソフトを一切使ったことがないという方でニコンユーザーならCapture NX-Dはおすすめです。

仮にその後、他のソフトに乗り換えることになっても、画像補正の基礎(彩度、色相、明度とは、トーンカーブとは、ヒストグラムの見方などなど・・・)を学ぶことができます。

無料のソフトなので是非使ってみて下され。

Capture NX-Dの物足りなく感じた点

持ち上げた後に突き落とすようで恐縮ですが、使って行けば行くほどスキルも(たぶん)向上し、できることやりたいことも増えてきました。

それに伴ってCapture NX-Dではできないことが見えてきました。

それはどんなところなのか。大きくは3つ。それをこれから紹介していきたいと思います。

その①:選択範囲を指定しての部分補正ができない

Capture NX-Dでは選択範囲を指定して処理を施すことができません。

選択範囲を指定できないことがなぜ問題かと言うと、部分的な補正ができないからです。

例えば、風景写真のうち空の色調だけを変えるということがCapture NX-Dは苦手です。

こんなやつ。

■(左)元画像、(右)Photoshopで部分補正後の画像

この写真のように、厳密に空の色だけを選択して色を変えるという処理がCapture NX-Dは苦手です。

先ほども少し触れましたが、Capture NX-Dでもカラーコントロールポイントでこれに近いことは可能です。

ただし、カラーコントロールポイントはざっくり同系色の色をざっくり指定することしかできないので、「選択した範囲のみだけを変化させたい」場合には向きません。

まあでも、このザックリ感がカラーコントロールポイントの良いところでもあります。厳密な領域指定には向きませんが、ラフな指定でも問題無い場合はとても重宝します。

その②:ディテールの強調処理が充実していない

二つ目はディテールの強調処理が充実していないこと。

ディテールの強調処理とは、平たくいうとメリハリを向上させる処理のことです。

メリハリといえばコントラストで強調することができそうです。が、さにあらず。

コントラストとは、画像全体を明暗に分けて明るいところはより明るく、暗いところはより暗く処理します。そうではなくて、局所的にコントラスを強調する処理のことをここでは指しています。

百聞は一見にしかずということで実例を。

オリジナル
オリジナル画像

これに対し、下の画像の左がCapture NX-Dでディテールを強調したもの、右がPhotoshopです。

■(左)Capture NX-Dと(右)Photoshopのディテールの強調処理の差

いかがでしょうか?Capture NX-Dに比べてPhotoshopで処理した方がディテールが強調されているのが一目瞭然。

Capture NX-Dだと、コントラストやカラーコントロールポイントを駆使することになります。

対してPhotoshopはCamera rawフィルターのなかに「テクスチャ」「明瞭度」「かすみの除去」という3つの強力な機能を備えています。これ凄いですホント。

camera raw
Camera rawフィルター

ちなみに、もっと強調することもできますがあえて抑えてます。Photoshop使用の合い言葉は「やり過ぎ注意」なので。

その③:フィルターやレイヤー機能がない

三つ目はフィルターやレイヤー機能がないこと。いずれも表現の幅が飛躍的に広がる機能ですが、Capture NX-Dにはありません。

例えばこの燕岳の写真。

tsubakuro
燕岳

燕岳の向かって左側面から夕日の光があたるようにレタッチしてみました。

■(左)Capture NX-Dと(右)Photoshopの夕日のレタッチの差

Capture NX-Dではカラーコントロールポイントの暖色系調整を使用しています。
カラーコントロールポイントは領域を円形にしか指定できないため、真横から強い光が山肌に当たっているように表現するのが困難です。

一方、Photoshopでは、黄色のグラデーションレイヤーをオーバーレイで重ねることで、主に画像の左側に強く黄色い光が当たっているように見せることができました。

次に、もろ逆行で真っ暗になった興福寺南円堂の写真。

kohukuji nanendo
興福寺南円堂

真っ暗のお寺を明るくしつつメリハリを出し、なおかつ太陽やその光、空のグラデーションは損なわれないようにレタッチしてみました。

■(左)Capture NX-Dと(右)Photoshopのレタッチの差

Capture NX-Dでは、Dライティング-HSというシャドー部を明るく出来る機能と、カラーコントロールポイントを使用しています。

Photoshopは空をレイヤー化して別処理とし、お寺は明るくしつつ、ディテール強調+オーバーレイレイヤーを重ねています。

Caputure NX-Dは全体的にボンヤリしていて無理矢理明るくした感が否めませんが、Photoshopではシャープに仕上がっているのが分かります。

おまけ

おまけです。

やろうと思えばPhotoshopの機能を駆使して水彩画風みたいなこともできます。これまでご紹介した機能の組み合わせでできます。

とにかくPhotoshopは機能が豊富で使いこなせれば表現の幅は無限に広がります。(それが良いことかは別問題ですが・・・)

まとめ:こういう方にはPhotoshopがおすすめ

まとめると、以下のようなことをやりたい方はPhotoshopをおすすめします。

・選択範囲を指定して部分的に処理をしたい。
・ディテールを強調してメリハリある画像にしたい。
・フィルターやレイヤーを使って表現の幅を広げたい。
・写真を水彩画風にしてみたい。

Capture NX-Dは無料ですがPhotoshopは月額980円かかります。

それでも上記に挙げたようなことがやりたいならPhotoshopをおすすめします。試しに使ってみてはいかがでしょう?

ちなみに、amazon等からでも購入できますが、上の公式HPからの方が圧倒的に安価です。

フォトショップカテゴリの最新記事