Capture NX-Dでできることのまとめ

Capture NX-Dでできることのまとめ

Capture NX-D matome
このサイトで何度も登場しているニコンCapture NX-D。今回は今までにご紹介した機能や使い方についてのまとめです。

Catpure NX-Dとは

まずはおさらい。Capture NX-Dとはニコンが提供している画像現像ソフトで、画像のレタッチやトリミング、圧縮そしてRAW現像といった画像処理に関わる機能を一通り揃えた無料のソフトです。

この無料ってのが最大のポイント。巷にはライトルームやフォトショップと言った高性能なソフトもありますが、それなりにお金がかかります。

特にサブスクリプションで永久的にお金を支払い続けなければならいこれらソフトに比べると、画像処理のはじめの第一歩として使用するにも最適のソフトだと思います。

画像処理の基本を学ぶ意味でもニコンユーザーはダウンロードしていて損は無いと思います。

Capture NX-Dのダウンロード方法

Capture NX-DはニコンのHPからダウンロードできます。

サイトにアクセスすると、以下のダウンロードのページが表示されます。「View NX-i & Capture NX-D」と「Capture NX-D」のいずれかを選択してダウンロードします。ちなみに、View NX-iとは主に画像データの管理に主眼が置かれたソフトです。

Capture NX-Dのダウンロード画面
Capture NX-Dのダウンロード画面

動作環境は以下の通り。ネットで「動作が遅い」という感想も見受けられますが、最低でも以下のスペックを満たす必要があります。

動作環境
動作環境

以下、具体的にできることを紹介していきます。

彩度・色相・明度やトーン、コントラストの調整


色の基本となる彩度・色相・明度やトーン、コントラストを調整することができます。画像処理ソフトなので当然ですが。Capture NX-dでも基本となる使い方になると思います。まずはこれらの機能から覚えていくのが良いでしょう。

カラーコントロールポイント

カラーコントロールポイント
カラーコントロールポイントとは、彩度・色相・明度やコントラストの調整を局所的に行うことができる、個人的にはニコンの目玉と行ってもよい機能だと思っています。

フォトショップで局所的に処理を行おうとすると、マスクや選択範囲指定するのが一般的で、それはそれで細かく選択範囲を制御できる利点はありますが、一方で煩雑な面もあります。

対してコントロールポイントは、プロットとおよその適用範囲を円で指定するのみのいい感じにルーズな仕様なので感覚的に非常に使いやすくて気に入っています。

アンシャープマスク


アンシャープマスクとはエッジ強調のことです。輪郭がぼんやりとした画像に対し、アンシャープマスクを適用することで輪郭部を強調することができる、よく使用する機能の一つです。Capture NX-Dのアンシャープマスクは、「適用量」「半径」「閾値」の3つのパラメータ設定できます。

あまり強く処理しすぎると画像がザラついたようになるので適用量には注意しましょう。アンシャープマスクのやっかいなところとして、3つのパラメータ値は変わらずとも、データのサイズや容量によってその効果が変わってしまうため注意が必要です。(サイズが小さい方が相対的に効果が強くなる)

RAW現像・ホワイトバランス


まずは大きな特徴の一つとしてRAW現像ができます。(ニコンのデータはファイルの拡張子がREFとなります。)

JPGのように画像処理する前のデータのため情報量が多くレタッチの際に画像が劣化し辛いという特徴があります。比較的大きなサイズでプリントアウトすることを前提にレタッチするならRAWデータで処理をするのが吉です。

RAWデータのレタッチにまつわる機能や使い方は以下をご参考下さいな。

また、RAWデータに限ってホワイトバランスを調整することができます。ホワイトバランスとは本来白い物を白く見えるように調整することです。簡単に言うと画像全体の色調を変化させることができます。目で見た風景と写真での色調が異なることがありますが、ホワイトバランス機能を使うことで簡単に補正できます。

ホワイトバランスについて詳しくはこちら。

ノイズ除去

カラーノイズ100
どちらかというと補助的な機能になるかと思いますが、ノイズ除去もできます。Capture NX-Dでは、「高速」「高品質」「高品質2013」の3種類の適用タイプを選択できます。ちなみに、「高品質2013」はRAWのみ使用可能です。

ただし、Capture NX-Dに限らずですが、一般的にノイズ除去とディテールの劣化は表裏一体なので適用には注意が必要です。なので個人的には、ノイズ除去を後から加えるよりも、ノイズが気にならない程度のISOで撮影するよう心がけるべきと思っています。なので僕はこの機能はほぼ使っていません。

ノイズ除去についてはこちら。

周辺光量落ちの補正

周辺光量落ち
周辺光量落ち

カメラにあまり詳しくない方にとっては、「周辺光量落ちとは何ぞや?」と思うかもですが、カメラは周辺になるほど光量が少なくなり画像が暗くなりがちです。これを補正する機能がCapture NX-Dには備わっていてヴィネットコントロールとも呼ばれます。

ただ、周辺光量落ちは必ずしも悪ではなく、周辺を暗くすることで視線を中央に誘導する効果もあり被写体によってはそれが効果的な場合もあります。

周辺光量落ちの補正についてはこちら。

参考
Caputre NX-Dについて書かれた本はあまりないのですが、基本的な操作はこちらに参考になります。ただ、カラーコントロールポイントに関しては未掲載です。

最新版 ニコンCapture NX-D完全マスター (Gakken Camera Mook)

最新版 ニコンCapture NX-D完全マスター (Gakken Camera Mook)

2,200円(12/13 23:41時点)
発売日: 2018/05/31
Amazonの情報を掲載しています

Capture NX-Dカテゴリの最新記事