登山にあえてトレイルランニングシューズをオススメしたい

登山にあえてトレイルランニングシューズをオススメしたい

トレイルランニングシューズ

登山道具の中で最も選択に悩むものが登山靴です。靴は他の道具と違い、外観だけでクオリティを判断することが難しく、履いてみてナンボの道具です。数ある登山靴の中でいったいどれを選ぶべきなのか。様々な切り口がありますが、今回は登山用として、あえてトレイルランニングシューズをご紹介したいと思います。

大前提!足にフィットしていること!

どのような選び方をするにしろ、これを満たさない登山靴は即却下で良いでしょう。普段使いの靴なら多少ルーズでも問題無いですが、山では地獄に変わります。日本人は足幅が広い人が多いので、海外ブランドの中にはフィットしないものが結構あります。

重度のヘンペイソクや外反母趾の人は、もしかすると店頭に並ぶ大半の靴が予選落ちになるかもしれません。すくなとも、ある程度、自分の足のタイプを把握した上で靴選びを始めるのが吉です。また、この大前提を外さないためにも店頭での試着はマストです。

スポンサーリンク

登山靴のタイプ

登山靴
登山靴とはどのようなタイプがあるのでしょうか。突き詰めていけば細分化されますが、超ざっくり分けると山行携帯によって2タイプに分かれると思います。

まずは、軽量ハイキングシューズ。登山を始めてみようと思い立ち、まず一足目として購入することが多いのがこのタイプ。高尾山のような低山、2,3000m級でも日帰りor小屋泊で荷物が少なければこのタイプでいけるでしょう。しかしそんな縛りは無いのなら、もしかするといずれ履かなくなる可能性があります。

もう一つは本格的登山靴です。テント泊やカメラ機材などの重たい荷物を背負うことを考えているなら、こちらの登山靴をオススメします。軽量ハイキングシューズとの違いはその堅牢さにあります。

靴の素材がより強固でソールは硬く、足裏にかかる負荷をしっかりと支えてくれます。これがソールの柔らかい靴だと足元が安定せず岩場などで危険が伴いますし、体力も消耗します。また、ハイカットモデルだと足首が守られるため捻挫などのリスクも減ります。

僕はこのタイプの靴を履いていますが、多少、足運びがルーズになっても難なく歩けるので非常に気に入っています。当然、デメリットもあります。登山中以外はとにかく邪魔。コンクリートの上を歩くには硬くて非常に歩き辛く疲れますし、サンダルに履き替えて持ち歩くにしてもデカイのでかさばります。

トレイルランニングシューズの特徴

LA SPORTIVA
冒頭でも言いましたが、今回は登山用としてあえてトレイルランニングシューズをお勧めしたいと思います。軽量ハイキングシューズ、または本格的な登山靴のいずれかで一般人が登る山なら基本的に対応できます。それでもあえてトレランシューズを推す理由は何か。

トレイルランニングシューズは山を走ることをを目的に作られているので、軽量かつ柔軟性をもった設計になっているのが特徴です。見方を変えると一般的な登山靴に比べると堅牢性に劣るのは確かです。よって、トレランシューズで北アルプスのテント泊縦走に臨むのはただの蛮勇です。

靴の特徴を理解してTPOを見定めたうえで履くことが求められます。堅牢性が劣るとは、足回りの保護性能が劣るということなので、重たい荷物を背負っているときはトレランシューズは適しません。堅牢なソールが固い靴で体を支えつつ、足首を捻らないようハイカットのものを履くべきです。

よって、北アルプスのテン泊縦走時は却下です。次に雨。トレランシューズは防水性を考慮しては設計されていないものがあります。雨が降れば簡単に足が濡れてしまいますので、雨の時も非防水性のトレランシューズは適していません。防水性の有無については店頭で確認するか、ゴアテックス仕様になっているかを確認して下さい。さらに、NGなシチュエーションとして、防寒性も貧弱なので気温が低い時期は適していません。なんだか駄目出しばかりしているような気がしますが・・・。

消去法的言うと上記以外が適しています。雨の心配がない、日帰りまたは小屋泊登山です。または、テント泊でもテント場までのアプローチが短く危険がないところなら問題ありません。

例えば、立山の雷鳥沢キャンプ場でテントを張って、そこから立山や剣岳に登る場合はトレランシューズは有効です。テントに荷物を置き、軽量ザックとトレランシューズで登ると、あら不思議。なんて快適なんでしょう!軽さもさることながら、その機動性の高さに驚くばかりです。軽量ハイキングシューズと決定的に違う点がここにあります。
立山・雷鳥沢キャンプ場

まとめ

まとめると以下のような山行のときはトレランシューズが力を発揮するシチュエーションと言えます。靴をかえて機動力のある登山を楽しんでみてはいかが!?

  • 雨の可能性が低いとき(防水性能ありのトレランシューズなら可)
  • それほど寒くないとき
  • 重い荷物を背負っていないとき


次回はオススメのトレイルランニングシューズのご紹介です。

ゴアテックス製のトレランシューズなら登山のときにさらに安心^^

関西の三大トレランコースをこちらで紹介しています。脚に自信ありの方は是非!

持ち物カテゴリの最新記事