剣岳登山。難易度は高いがオススメ。室堂ルートガイド。

剣岳登山。難易度は高いがオススメ。室堂ルートガイド。

剣岳トップ

ヨーロッパアルプスやヒマラヤの山に比べて日本の山は総じてなだらかです。そんななか、毛色が明らかに違う山が剣岳です。

一見さんお断りの軽々しく人を寄せ付けない空気を醸し出しているその山は、日本の山のノーマルルートでは登るのがもっとも難しいと言われています。

今回はそんな鬼の山、剣岳のルートガイドです。

剣岳ルートマップ

剣岳を登るルートは二つ。室堂からと、馬場島からの早月尾根を登るルートです。今回ご紹介するのは室堂から登るルートです。

おそらくほとんどの人が室堂ルートから登っていると思われます。正直、危険度で言えば早月尾根の方が低いと思いますが、アクセスが良いのと、何よりも危険さも含めて剣岳を体感できるのが室堂ルートです。その意味で室堂ルートをおススメします。

1日目 歩行時間:3時間30分
室堂-(1:00)→雷鳥沢キャンプ場-(1:50)→剣御前小舎-(0:40)→剣沢キャンプ場

2日目 歩行時間:8時間40分
剣沢キャンプ場-(0:20)→剣山荘-(1:10)→前剣-(1:20)→剣岳-(2:00)→剣山荘-(0:30)→剣沢キャンプ場-(1:00)→剣御前小舎-(2:20)→室堂

山の体力度、危険度を確認するには山のグレーディング表が良いのですが、なぜか富山県がそれを公開していないので、体力度の指標となるルート定数を自分で調べてみました。詳細はこちら。

剣岳のルート定数は37.4。富士吉田口から登る富士山が40.7。これだけ見ると体力的にはそれほどたいしたことがないように思いますが、剣岳には独特の厳しさがあります。

スタート地点の室堂から剣岳山頂までの標高差は550m程度しかありませんが、剱岳ほどアップダウンが多い山はありません。しかも後半になればなるほど急で危険度が増します。

スポンサーリンク

剣岳ルートガイド

室堂を出発してしばらくは舗装された遊歩道を歩きます。このエリアは一般の観光客もいる完全な観光地です。この間、立山連峰、地獄谷といった迫力ある景色をおがむことごができます。
室堂遊歩道

ミクリガ池を通過して雷鳥沢キャンプ場まで下ると、ようやく登山道になります。雷鳥沢キャンプ場は広々して眺めもよくおススメのテント場です。剣岳に登るには山頂から離れすぎているので、立山を別山、大汝山、雄山と縦走するときなどに利用するのが良いです。
雷鳥沢キャンプ場

ここから、そこそこ急な登りを経て剣御前小舎に到着します。ここで初めて剣岳の全容をうかがうことができます。

大きなカールの下った先に岩の殿堂が鎮座しています。テント泊の場合、カールを降る途中の剣沢キャンプ場を利用することになります。初日はここまで。翌日の登頂に備えます。
剣沢キャンプ場

行程が1泊2日なら、2日目は長丁場です。剣岳をピストンしたのち、室堂まで引き返さなければいけません。日の出前に出発です。

剣山荘までの緩やかな下りの後、本格的な岩の登りがはじまります。一服剣、前剣と二つのピークを超えなければならず、体力が削られます。その後、鎖場そしてカニのタテバイと呼ばれる絶壁の直登が待ち受けています。慎重に登りましょう。
鎖場

以下がカニのタテバイです。みるからに危険です。が、三点支持(手足のうち、一度に動かすのは1本だけ)を意識して登れば大丈夫です。落ち着いて登りましょう。
カニのタテバイ

ちなみに、北アルプスの遭難ポイントについてはこちら。2017年に関しては剣岳の遭難は意外と少ないです。

剣沢キャンプ場から約3時間。山頂からは360度の大展望です。
剣岳山頂

下山はさらに注意が必要です。一番危険なのは、何とか手を使わずに下れそうなところ、です。カニのヨコバイと呼ばれる、絶壁をトラバースする個所がありますが、三点支持を守っていけば怖くはありません。

剣沢キャンプ場まで戻ると、そこからまた登りになります。体力に余裕があるなら、剣御前小舎ではなく、立山方面の急斜面を直登しましょう。剣岳のベストビューポイントがあります。

もしもう一泊の余裕があるなら、立山縦走もおススメです。

雷鳥沢キャンプ場まで下るとそこから最後の階段の登り。コンクリの階段が地獄に思えることうけあいです。登りきったら、日本で最も標高が高い温泉であるミクリガ池温泉で疲れをとりましょう。

スポンサーリンク

山小屋情報

室堂周辺には山小屋がたくさんあります。観光地という側面もあり、お風呂完備の山小屋が多いのが特徴です。1泊2日で小屋泊なら、剣御前小舎、剣沢小屋、剣山荘。テント泊なら剣沢小屋(剣沢キャンプ場)の一択でしょう。
剣山荘

室堂から剣岳の道中にある山小屋、テント場をまとめてみました。小屋名をクリックすると公式HPにリンクしています。正確な営業期間などはそちらでご確認を。

 山小屋/テント場収容人数テント張風呂営業開始営業終了
1立山室堂山荘200×4月中旬11月下旬
2みくりが池温泉120×4月中旬11月下旬
3雷鳥荘270×4月中旬11月下旬
4雷鳥沢ヒュッテ250×4月下旬10月中旬
5ロッジ立山連峰200×7月1日8月31日
6雷鳥沢キャンプ場×250?×4月中旬?11月下旬?
7剣御前小舎120××4月下旬10月中旬
8剣沢小屋(剣沢キャンプ場)64300×7月上旬10月上旬
9剣山荘160××6月下旬10月上旬

北アルプスの山小屋に関してはこちら。

ビューポイント

おすすめのビューポイントをご紹介します。

剣沢カール

一つ目は前剣からみた剣沢カールです。前剣からはこれまで歩いてきたルートが一望できます。これは日が傾き始めたころ、雲がわいてきて剣沢カールが雲に隠れていくときの写真です。

カールの向かって左手に光が当たり右手が日陰になってコントラストが強調されていく姿は見物です。
剣沢カール

別山

今回のピストンルートからは少しそれますが、時間があれば剣沢からの帰りに別山に登ることをオススメします。別山からは剣沢カールとその先にそびえ立つ剣岳が最も格好良く見ることができます。
剣岳・別山より

次に登る百名山を決めるのに最適な本がこちら。アクセスが掲載されていて地図が大きいのが◎。2008年出版なので少し古いですがとても重宝します。よろしければ是非^^

日本百名山地図帳 (2008年版)

日本百名山地図帳 (2008年版)

2,376円(09/17 16:49時点)
発売日: 2008/08/08
Amazonの情報を掲載しています

オススメの山カテゴリの最新記事